上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レシピブログさんのスパイスモニター当選♪

冷凍庫にトリ胸肉、 
冷蔵庫にはゴーヤーが半分。

どちらも試してみたかったクミンに合いそう。

ひとまず一品を。


胸肉クミンソテー


ちょっとお肉が大きくてスタミナ肉料理的になってしまいましたが・・

シンプルな調理でも、スパイス効果でちょっといつもと違ったごちそう感あり♪
ゴーヤー美味しいな~
もっといっぱい入れれば良かった~(+_+)


<材料> 2人分

トリ胸肉  1枚(約250g)
ゴーヤー  1/2本

塩・黒コショウ     適量

片栗粉         大さじ1
クミンパウダー     小さじ1/2
あらびきガーリック   小さじ1/2

オリーブ油       小さじ1


①ゴーヤーは種・わたを取り5ミリ程度にスライス。

②トリ胸肉は厚みを均等にして、フォークで全体をさし
 余分な水分をペーパーで取って両面に塩・こしょうをする。

③ビニール袋などに片栗粉・クミンパウダー・あらびきガーリックを入れて混ぜておく。
 ②の胸肉を入れて軽く振って、全体に粉をまぶす。

④温めたフライパンにオリーブオイルをひき、③の胸肉の余分な粉をはたき落して
 皮目を下にして入れてフタをして約5分蒸し焼き。

⑤焼き色がついていればひっくり返して再び約5分蒸し焼き。

⑥フタを取ってお肉を端に寄せ、ゴーヤーを加えて軽く炒めて塩、こしょうで
 味を調える。



ニンニクは買ってきたらスライスしたのとみじん切りしたのを冷凍してるんですが、
乾燥してると今日みたいに全体に均等にまぶせる事が出来てスゴイ手軽で便利やな~、って
思いました。
パンチも効いてます。
これでフライドポテトと鶏のから揚げとかも美味しそうっ!!

って、やっぱり、がっつりスタミナ系か(笑)


スパイスを使った野菜料理レシピ
スパイスを使った野菜料理レシピ


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
応援クリックいただければ嬉しいです♪
スポンサーサイト
果物売り場にりんごがたくさんでてきましたねー。
レンジで簡単リンゴジャムを作って、ソースにしました。

甘酸っぱくてお醤油味と意外と合うんです。
付け合わせは豆乳・マヨネーズ・塩コショウを合わせたかぼちゃのサラダ。


豚しょうが


<材料> 1人分

豚肩ローススライス    100g

●漬け汁(合わせたものから小さじ1をりんごソースにとっておく)
しょうがすりおろし    小さじ1
しょうゆ         大さじ1
酒            小さじ2
みりん          小さじ2  

●りんごジャム(作りやすい分量) 
りんご          1個 (正味185g)
砂糖           50g
レモン汁         小さじ1

●りんごソース
りんごジャム出来上がり  大さじ2
酢            小さじ1
漬け汁合わせたもの    小さじ1


①豚肉は焼き縮みを防ぐため、包丁の背で全体をたたき、筋にところどころ
 包丁の刃先で少し切り込みをいれる。
 漬け汁の材料を全て合わせ(小さじ1はソース用にとっておく)ビニールに
 肉と一緒に空気を抜くように入れ冷蔵庫で20~30分置いておく。

②ソース作り
 りんごを皮をむいて7~8ミリ角にきり、深めの耐熱皿に
 砂糖・レモン汁をまぶし10分くらい置いておく。

③汁が出てくればラップをせずに500W4分レンジにかける。
 さっと混ぜて再度4分ほど加熱。

③出来上がりから大さじ2と酢・分量を合わせた漬け汁から小さじ1加え
 レンジ500W1分弱加熱。

④フライパンで漬けておいたお肉を両面イイ色に焼き、
 ソースをかけて出来上がり。



外国ではよくお肉に果物のソースを合わせるのを見かけますよね。
果物にはたんぱく質分解酵素が含まれている事が多いので
(キウイやパイン・パパイヤなど)消化を助けたり、一緒に漬けこめば
お肉を軟らかくしてくれる効果があるので、とても理にかなった調理法。

日本でいえば大根おろし的な感覚でしょうか?

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるぐらい栄養たっぷりの
りんご。

カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維と盛りだくさん。
便秘改善・抗酸化作用・老化防止効果も期待されてる女子にはありがたーい
果物ですね(^-^)

ところで、りんごの皮。
ときどき触るとベタベタするな~って、思う事ありませんか?
私は以前は農薬かなんかのせい?って思ってたんですが
全然違いました(>_<)

熟した時に分泌されるリノール酸やオレイン酸がりんご自身から染み出し、
水分などの蒸発を防ぎ、新鮮さを保つために、自らろう性の物質を作り出てるのです。
ベタベタするのは、このろう性の物質でジョナゴ-ルドや、つがる、千秋などによく見られるそう。

大変失礼な思い違いをしていました。(+_+)

植物って自分たちを守るためにいろんな工夫を自分たちでしてるんですねぇ。
それを頂かせていただいてる事を忘れずに、
毎日の食事、大切にしていきたいと思います。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
参加しています、応援クリックいただければ嬉しいです♪
「東京ごはん映画祭」というものが開催されるらしい。
もちろん、その名の通り東京でなので観に行く事はできませんが・・・(-_-)

しかし美味しそうな映画がいっぱい♪

いくつか観た事のある作品はありますが、私の中も印象深いのは
「かもめ食堂」。

登場する「シナモンロール」。形が可愛くって、めっちゃ美味しそうでした!
料理はおにぎりや鮭の塩焼きなど純日本食。
ならば「鶏の照り焼き」もメニューにあるに違いないっ、と思って作ってみました。

恐る恐る加えたシナモン(笑)
しかし、意外と合うんですねー。
お醤油が上手くまとめてくれたみたいです(^-^)

シナモンチキン

<材料> 1人分

トリモモ肉     1枚(約130g)
さつま芋       50g
人参         50g
オクラ        1本

●調味料
はちみつ       大さじ1
しょうゆ        大さじ1
シナモンパウダー 小さじ1/2
しょうがすりおろし 1/2片分
塩           小さじ1/2
こしょう        少々

●トッピング
白ゴマ         適量


① トリモモ肉は皮目に数か所フォークでさし、●の調味料と一緒に
  ビニール袋に入れて半日ほど冷蔵庫で味をなじませる。

② 人参・さつま芋は食べやすい大きさに切る。
  さつま芋は600Wで1分ほどレンジにかけておく。

③ 耐熱皿に①と②・オクラをのせて、(調味料を野菜に絡ませておく)
  190℃のオーブンで約15~20分。
  鶏に照りが出ればOK。


シナモンは古くはエジプトでミイラの防腐剤!として使われていたそうです。

最近では、冷え性や肩こりを改善し、発汗作用や健胃作用があったり、、
毛細血管の老化防止効能によるシミ・シワの予防への効能、と
アンチエイジングの食材としても注目されているみたいですねー(^-^)


冷蔵庫で眠っていたシナモンパウダー。
今日初めて料理にも使える事を発見できたので、使い切れそう。

良かった、良かった(笑)



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
参加しています、応援クリックいただければ嬉しいです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。