上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.15 ほんまもん。
      「飲めるみりん」


     みりんとお醤油だけでかぼちゃの煮物を作ってみました。
     
     圧力なべで作ったので、少し柔らかくなりすぎましたが(>_<)
     うまみはバッチリ♪
     今度はルクルーゼで挑戦してみよう(-_-)

    みりん

     
前回の甘酒に引き続き、米麹の力のなせる業
白扇酒造株式会社さん「三年熟成 本みりん」をご紹介。

イヤ~。これ、ほんとびっくりしました。
今まで、みりんと思っていたのは何やったん?と。

めっっちゃイイ香り♪
色もあめ色というか、琥珀色というか。
全然飲めます。

このみりんを作られてる白扇酒造さんのホームページを見ると、
実際にリキュールのように飲まれたり、たくさんの料亭で使われたりしているみたいです。

いま、スーパーで売られてるほとんどは「みりん風調味料」と呼ばれているもので、
原材料が本みりんとは大きく違って、水飴やブドウ糖に香料などを加えて味を調えたもの。

でも、この「本みりん」はのもち米に、純米焼酎、米麹で90日仕込み、熟成に3年かけてつくられています。
この3年の間で、米麹の出す酵素がもち米のでんぷんをゆっくり糖分になって、
これだけの甘味が出てくるのか~。
お砂糖も使わなくても、このみりんの甘みとコクで充分。
野菜のうまみも、そんまんま味わえます(^-^)

いやはや、料理の腕が上がったと勘違いさせてくれる一品。

私も一人暮らしで、食費はなるだけ抑えたいところ。
実際、安い調味料かったりしますが「ほんまもん」はやっぱりエエですわ。

これからは少しずつ、ほんまもんの味知っていきたいです。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
←参加しています、応援クリックいただければ嬉しいです♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meipifu.blog106.fc2.com/tb.php/19-2f395060
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。