上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.19 I  ♡ 麹
    「塩麹」

    スプーン1杯程度加えてご飯を炊いたら、ほんのり塩気とうまみがあって
    美味しいのですよ(^-^)

    塩麹

    <材料>
      乾燥麹  200g
      自然塩  65g
      水    200cc

1. ボールに麹を入れてほぐし、塩を全体によく混ぜ合わせる。

2. 保存容器に①をいれ、水をひたひたに加える。
   ひたひたを目安に、分量で足りなければ水を足してください。
  ※保存容器はガラス容器やプラスチックのタッパーで。ステンレスは向きません。

3. 常温で約1週間~10日おいておく。
   一日1回、上下をざっと返して混ぜ、発酵を促す。

4. 塩気のカドが取れてまろやかになれば出来上がり。
   出来上がり後は冷蔵庫で。
   保存目安は約3~4カ月。
   時間がたつと少し黄色っぽくなってきますが熟成しているだけで問題ありません。

 
     「アボカドとトマトの塩麹和え」

     塩麹とオリーブオイル、薄口しょうゆを少々。

     なんでも好きなお野菜和えてみて下さい。
     まろやかな塩気とうまみで美味しく食べれます♪

     塩麹アボカド
 



またもや麹の話ですが(-_-)

私の中ではシリーズ化にしたい題目「麹」。
はまると奥が深いものでした。

まず第1回目として、そもそも麹とはなんぞや?


麹は「麹(コウジ)菌」というカビの一種なんです。
(今では愛用している「みやここうじ」。確かに、最初見たときは
米にふわぁ~と白いものが一面にはえていて、少し触るの勇気いりました・・)

米に生やし「米麹」、麦に生やした「麦麹」。
これらを利用し発酵させて、お味噌や醤油、酢、味醂などなど日本人に欠かせない
調味料が出来ていきます。

(ちなみに発酵と腐敗の違い。人間にとって有益な物生み出すと「発酵」、無益な場合を「腐敗」
と言い分けてるだけで、カビにとっては同じ事をしているだけなんです。)

麹菌はでんぷんを糖に分解して甘みを、たんぱく質を分解してうま味を出してくれる、
なんとも良く出来たカビです。

しかも、この麹菌、日本の環境でしか増えないそうです!!
日本醸造学会では、
「国菌」と定められたそうな。

麹は消化吸収を高めて、免疫力をあげてくれ、発酵過程で出される「麹酸」の還元力はビタミンC
の数十倍だとか!!
たしか、高級化粧品にもコウジ酸配合されてますもんね。
それをこうやって調味料にすればスーパー庶民の私も毎日いただけるんですから
ありがたいっ(^u^)

そんなに大量に食べれるものではないけど、毎日少しずつ
いろいろなお料理に使っていきたいですね~。

日本の食事は健康にいいと言われているけど、この麹を利用した調味料が
一役かっているに違いない!

いろんな国のお料理が食べれる幸せな日本ですが、やっぱり
こんなに日本人の身体に合った素晴らしい和食を大切にしていきたいなぁ、と思います。





にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
←参加しています、応援クリックいただければ嬉しいです♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meipifu.blog106.fc2.com/tb.php/21-8d768816
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。